​▼アンハッピーバースデイ

今日は僕の誕生日!

大切な友達に祝福され欲しかったプレゼントをもらい、ケーキを食べて眠りにつく。

僕はそんなありきたりな普通の誕生日が送りたかっただけなのに……

現実は残酷だ。友達はおろか、両親さえいない。暗く寒い部屋にひとりぼっち。

凍える膝を抱えながら笑う

味のないショートケーキ。

その上にある名前を刻んだプレート。

​まずは、それを、叩き割ろう

​▽信号色の夢の中

信子という少女の夢の中には、

赤色の子と青色の子が出てくる。

現実ではテストに恋にと忙しい彼女に、

赤色の子は、信子に「止まれ」という。

青色の子は、信子に「進め」という。

板挟みな夢の中で彼女は、いつも選択を迫られる。

彼女はどちらを選ぶのか?

​普通の少女の、ちょっと変わったの話。

▽いろはちゃんはもう、可愛くない。

俺の名前は男1。
これが俺の愛しのマイスイートハニーいろはちゃん!
こんなに愛しいいろはちゃんを、絶対、男2なんかに、取られるわけにはいかないんだ……!
精霊は、諦めるようかたりかけてくるが気にしちゃいねぇ! だれがなんと言おうと、いろはちゃんは俺のモノなのさ……
学祭といえばラブコメだよね!
簡素なライトノベルを目指した、トライアングル・ラブストーリー!
最後に、俺は気づくんだ……。
「『いろはちゃんはもう、可愛くない』って。」
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now